Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO FUR!!

昨日は渋谷で「毛皮製品反対!」のデモ行進がありました。
(参加したかったけど、私は土浦市の産業祭で譲渡会&啓蒙活動してました)




毛皮がどのように作られるか知らない方へ、ウチのおもち君から一言。
111024omochi1.jpg
「毛皮は死んだ動物の毛を利用するわけではなく、
生きたまま毛と皮を剥ぐのニャ。。」


こちらのページが毛皮生産の酷さについてわかりやすく解説されてます。

『毛皮はいらない連絡網』
(自分で詳細ページをクリックしない限り残酷な画像は出てきません)

それから過去記事で毛皮反対をテーマにした絵本を紹介しています。

『け と かわ』

猫もウサギもタヌキも同じ小さな命です。
猫や犬だって毛皮にされ違う動物として表記され売られるという話もあります。
フェイクファーや代用品で充分です。
可愛さ、おしゃれのための命の犠牲はいらないです。

111024omochi2.jpg
「気ままな家猫生活を送ってるボク・・・同じ仲間として申し訳ない気持ちになるニャ」

それから猫飼いのみなさーん、
猫ちゃんのフワフワおもちゃやねずみ、それウサギさんが犠牲になってませんか?
知らず知らずのうちに小さな命を犠牲にしてませんか??
私は材料や表示に「毛、獣毛」とあるものは買わないようにしています。

111024omochi3.jpg
「広がれ、NO FURの声!繋がれ、NO FURの輪!!」


それでは、またのご来店をお待ちしております。
スポンサーサイト

迷子猫の情報求ム!

1106maigo1.jpg
茨城県水戸市栄町で保護(5/22)

1106maigo3.jpg
淡い茶白、誰にでも人懐っこい

1106maigo4.jpg
リボンのついた赤いベルトタイプの首輪をつけています

茨城県動物指導センターに収容され、現在は保護仲間のはせがわさんが
引き出して飼い主さんを探しています。
何か情報等ありましたらコメントかメール下さい。

cat_cafe_wagaya☆yahoo.co.jp(☆を@に変えて下さい)

室内飼いのネコでも万が一の脱走に備えて迷子情報付きの首輪は大切です。
もし脱走した場合はセンターや保健所、警察に届け出ましょう。
そしてあきらめずに捜し続けて下さい。
※「発情して脱走した」という話をよく耳にするの手遅れになる前に不妊手術を!

1106maigo2.jpg
本当のお家に帰れますように


それでは、またのご来店をお待ちしております。

警戒区域で環境省、ペット連れ出しを検討?

MSN産経ニュースより

【警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討】

現地は1分1秒を争う事態です。
あなたの声をぜひ環境省に届けて下さい。


環境省メールフォーム

https://www.env.go.jp/moemail/


ゴーストタウンと化した現地の悲惨な状況が
『猫人(^ω^)』さんのブログに綴られています。
※とても残酷な内容と写真です、未成年の方や精神的に耐えられそうにない方、
 そしてもし被災者の方がいらっしゃったらクリックしないで下さい

先進国日本で起きていることとは思えません。
でもこれが現実なのです・・・


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


先日、アルバイト中に「福島で活動中のレスキュー団体さんに物資を送りたい」
という方と偶然出くわしました!
「ペットショップで療法食やフロントラインを購入して送る」と仰ってたので
断然安いネットショッピングを勧めたのですが
「ネットで買い物したことがない」とのこと
フロントラインはペットショップで取り扱ってませんし、
送料等いろいろ助言させて頂いたところ
「作戦練り直します」と言ってその場を去られて行きました。
被災地の動物たちに胸を痛めている方と身近で遭遇したことや
同じ思いを共有できたこと、とても前向きな気持ちになりました

警戒区域が決定された今、できること

福島第一原発の半径20キロ圏内を「警戒区域」とすると政府から発表がありましたね。
この決定は残されたペットや家畜を見殺しにしてもいい、
ということを国が肯定していると言えます。
せめて現地で必死になってレスキューされている方々の出入りを許可してくれないでしょうか?
また民間団体や個人によるレスキューは限度があります。
行政の力がなければ大きな進展は望めません。
これは動物のためであるのはもちろん、泣く泣く現地に動物を残して
(2~3日で帰れると着の身着のままで)避難された方々のためでもあるのです。
動物の命に対して何の態度も示さない日本政府は諸外国でも大ひんしゅくを買っているそうです。

こんな状況の今、あなたができること、それは

1.政府に意見すること
ただし、もう「警戒区域決定」の撤回は無理だと思います。
決定の上でのあなたの声や具体的な策を意見して下さい。
くれぐれも感情的・感傷的にならないよう!!


※現地でレスキュー活動されている団体【UKC JAPAN】さんのブログから転載

首相官邸ホームページ
  ↓  ↓  ↓
http://www.kantei.go.jp/

ご意見欄というのが、ありますので、
どうか、そちらのほうへ、投稿よろしくお願い致します。


今回の警戒区域などの決定権は「原子力保安院」にあります。
首相へのメールの呼びかけと共に
「原子力保安院」へのメールの呼びかけの掲載お願いします。

原子力安全・保安院
  ↓  ↓  ↓
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html


2.レスキュー活動されている団体に支援する
ホームぺージやブログで何を必要としているか、
きちんと確認してから送るのが良いと思います。
その際活動があやしくないかしっかりと見極めて下さい。


3.被災動物の一時預かりや里親になる
レスキュー団体さんが今1番必要としているのがこの「3」のようです。
シェルターから1匹出せばまた新たな1匹を現地から救ってあげられるのですから。


他に何か個人でもできること、ありませんか?
何かあれば教えて下さい

転載:南相馬市小高区の現状

【20キロ圏内(避難指示区域)・南相馬市小高区の現状】

【撮影日時】2011年3月25日(金)午後2時頃
【レポート】山路 徹(APF通信社代表) 



山路氏は「いかに多くの現実を取材し伝え記録するか」という使命のもとレポートしています。
置いていかれ放浪する犬達、ご飯も水もなく繋がれた母牛と子牛。。
目を背けてはいけないんです、だけど直視できなかった。

小高にはダンナの親友一家が住んでいました。
津波の被害は免れたものの今は避難しています。
先月の22日(猫の日)に生まれたばかりの赤ちゃんを連れて。。

テレビや新聞が報道できない現状を1人でも多くの方に見て知って頂きたいです。

Appendix

プロフィール

猫カフェ我が家・チョコ

猫カフェ我が家・チク

猫カフェ我が家・おもち

猫カフェ我が家・チャーリー

猫カフェ我が家・ごましお

いらっしゃいませ~当カフェは
猫とバンドを愛する店主による
オンライン猫カフェです。
常時スタッフ5ニャンの他に
臨時スタッフ(里親さん募集中)が在籍中!
※当店は猫の里親さん探しや
動物愛護の啓蒙を目的とした
架空の猫カフェであり、
実在する店舗ではありません

SHOPオープン:2008年2月22日
BLOGオープン:2009年1月16日

 

最新記事

 

検索フォーム

 

買い物リスト

 
 

QRコード

QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。